検索
  • aori.k

会社設立まで


私がシンガポールに来たのは、ちょうど1年前のことでした。


日本ではずっと販促マーケティングの仕事をしていた私。

自分で考えた企画が世の中に出て、何億円という大きなお金が動く。

お金が動くということは、それだけ人の気持ちが動いているということ。


社会人になる際に決めた、

「小さくても人の幸せをつくりだすきっかけづくりをして、

 それである人がすこし幸せになって、

 その人がまた違う人に伝染して・・

 そんな世界をつくるきっかけづくりをすることで社会に貢献したい」

という想い。


マーケティングを通して少しずつそれが達成されているようで、

そんな自分の仕事が大好きで、天職だと思っていました。



そしていつか自分で経営をして、

もっとたくさんの人を幸せにできるような社会貢献がしたいと、

年を重ねるごとに感じていました。

それは、必ずしも自分で会社を設立するということではなく、

自分と志を同じくする会社や人に出会えたなら

その人と一緒にでも良いし、起業でもいいし。

あくまでも、「経営」「起業」というワードは

私にとって、やりたいことを達成するための“手段”だと認識しています。



そして、将来的に経営をするとなると、

何十歳も下の人たちや外国人など、

自分とはまるでバックグラウンドが違う人の心を理解する必要がある。

そんな将来に向けて、海外へ渡航してそこで暮らして違う価値観に触れておきたい。


そんな決意をもとに、マルチナショナル色の強いシンガポールへの渡航を決めました。

*いつかのブログにはまたかきますが、本当に海外秘境旅行が大好きな私。

もとより好奇心の強い性格に簡単に背中を押され、渡航もすぐに決めました。



あれから一年。

・・まさか自分が1年後にシンガポールで会社をつくるとは!笑


------------------------

taiken consultant

------------------------

*この会社に込めた想いは、別の記事に記載予定です!



設立にあたりまして、たくさんの方にお力添えをいただきました。

この場を借りてお礼申し上げます。

本当にありがとうございます!!


シンガポールで暮らしている日本人は、

“その国から見れば外国人として暮らしている”という共通の境遇のもと、

お互いに助け合い、尊重し合う風潮があります。


私もびっくりするほど皆さんが協力してくださるので、

この環境で起業することができて幸せだなあと、しみじみ感じます。



さてさて、まだスタート地点です。

今は毎日、「どうやったら世の中に貢献できるのか」を考え続けている最中です。



自分の考えを理解してもらうより、

他の人の考えを理解しようと努力ができる人へ。

(この記事にはたくさんの想いをかいてしまいましたが・・)


会社も同じ。

その会社の理念より、

クライアントが何をしたいのか、どうしてほしいのか考えられる会社へ。


多くは望まないので、永く必要とされる存在になれたらいいなあと感じております。



これからどうぞよろしくお願いいたします。


taiken consultant

倉本 藍


#会社設立 #起業

77回の閲覧

©2019 by taiken consultant