検索
  • aori.k

聞いてみないと分からない


私は海外旅行が大好きですが、中でも秘境を攻めていくことに楽しみを感じる人間です(笑)

最近は海外タビに行きたすぎて、新たなる秘境を発掘すべくネットで調べまくっています。

次に狙っているのは、スヴァールバル諸島やノルウェーあたりの北欧と、アルゼンチン・チリあたりの南米です。

地球を飛び越えて本当は宇宙にも行きたいです(笑)



上の写真は、私が東欧のジョージア(旧:グルジア)に行った時の写真です。

首都トビリシからかなり北にあるカズべキという町まで、地元の方に連れて行ってもらいました。

この山の向こうはもうロシアです。


地元の方は、途中いくつかのスポットに立ち寄ってくれましたが、その中でも“本物の”キリスト教会に立ち寄り、“本物の”お祈りを見ることができたのは、私の海外経験の中でもインプレッションが強いです。

地元の方達は、涙を流しながら歌って祈っていました。

歌っていたのは、日本の結婚式のときにもよく歌われるあの曲です。

“本物”をみていると、こちらも涙が止まらなくなるくらい、言葉で表現できないくらい、純粋で尊い時間でした。



海外に旅に行くまでは宗教に関して無知で、「宗教=怖い、よくわからない」というイメージを持っていました。

日本のニュースだけをみていると価値観が偏ってしまうものです。


ところが海外へ出向くようになり、さまざまな宗教に触れ、本当にお祈りしているところをみると、「ああ宗教を信じる気持ちは、本来純粋で素朴なものなのだ」とわかるようになりました。

そのお祈りは、私たち日本人が年始にお参りをするとき「お祈り」する気持ちと一緒なのだと、あるときスッと腑に落ちました。

誰かの人生が良くなるために祈る。

その気持ちは尊くないわけがありません。



あるときインドネシアで友達に「なぜ無宗教なの?美しいと思うなら信仰してみたら?」と言われたとき、うまい答えが見つかりませんでした。

いまだになぜなのだろうということが自分でも分からないでいます。


価値観の違い。

一言で言えますが奥が深いです。




前置きが長くなりましたが、私が今までの体験を通して思うことの一つとして、

【聞いてみないと分からない】ということがあります。


わかり合うためには、議論するためには、聞いてみないと分からないことが多いと思うのです。

いくら立場が近い人でも違うことを考えていたりします。

私も海外に積極的に出向く中で、自分が思う返答や反応をしてもらう場面が数多くありました。

思いもよらない答えが返ってくることもあるので、聞いてみないと分からないのです。



またまた話の角度は変わりますが、

私は、今お付き合いいただいているクライアントさんが大好きです。

心からこの人たちと一緒にビジネスをしていきたいと思える方達と出会えています。

(おこがましいかもしれないですが、尊敬できる方としか付き合わないようにしています)


今日、そんなクライアントさまの経営者の方から

今までやってきたことや今思うこと、これからこうしたいと思っていることを伺う機会がありました。

苦労、迷い、不安・・・

それとずっと戦ってきてそれを語れる人は美しいですし、尊敬します。

それを知ることは、私が「この方達のために頑張りたい」と思う糧となります。

そして、こんな話は仕事とは無関係のように思えても、こうやって想いが通じたときに仕事はスッと進んでいくから不思議です。


こんな時間を与えていただけてありがたいですし、私はなんて運がいいのだろうと思えました。

今日はそんな「聞けたからわかったこと」があった嬉しい日だったので、久しぶりにブログを更新してみました(笑)



まだまだ聞いてみないと分からないことは多いですし、

こちらからも伝えていかないといけないのですが、

こうやって一つずつ進んでいけることが嬉しいです。


私も迷いや不安、苛立ちに包まれながら仕事をすることもありますが、

そういったこともひっくるめて、

のちに振り返ったときに尊かったと思える体験を積み重ねていきたいです。



倉本藍

11回の閲覧

©2019 by taiken consultant